Uncategorized

関西の最大手の塾は、最難関校の1校に特化した対策、カリキュラムを組んでいます。従って、そのことを理解した上で選択しなければなりません。とにかく難問を次から次へと課すため、それに耐えられる子どもしか向いていません。首都圏の方が気楽に受講できるほどです。関西の塾は厳しいだけでなく、サポートも手厚いことで知られています。授業が終われば、ただ帰宅させるのではなく、夜遅くまで自習室等で指導します。この時間で塾が出した課題はもちろんのこと、学校の宿題まで片付けてしまうため、家に帰れば何もする必要はありません。保護者にとっては、全てを任せることが出来るため、大変便利な塾でもあるのです。塾が親に求めることと言えば、体調管理くらいなものです。 ここで言う最難関校に特化したカリキュラムとは、首都圏よりも速くなっており、5年生の夏頃には全ての単元を修めてしまいます。ですから速く勉強する癖をつけられるので、たとえその学校を志望していなくても、入塾を希望する家庭は少なくありません。子どもの時分にそこまでの勉学姿勢を身に付けることが出来れば、後々役立つだろうという算段です。関西には他に、高校受験までサポートしている塾もあり、公立高校の受験を並行して考えている家庭に人気があります。関西でも珍しいタイプですから、そうした塾の数は限られます。 塾の経営については、あまり知られていません。塾も一般企業であることに変わりはありませんから、利益を上げることを優先しています。最近は少子化がかなり進み、塾の業界は安泰とは言えない状況にあります。それでも中学受験に対する情熱は高いものがありますから、そうした家庭を取り込むために、色々な努力を続けています。

Read More

中学受験と言えば、その多くは私学の中高一貫校を目指すものです。特に最難関校、難関校を目指すのであれば、その傾向は高くなります。しかし全ての子どもが私学を目指すわけではありません。中には公立の中高一貫校を目指す子どもたちもいます。公立の中高一貫校対策には相応のノウハウが必要なので、一部の塾が、そのノウハウをアピールしているのを見かけることがあります。他にも、都心部に強い塾、首都圏に強い塾、高校受験にも対応している塾、埼玉や神奈川に強い塾等があります。 ところで、公立中高一貫校の入試は、私学のそれとはどのように異なっているのでしょうか。実は適性検査という特別な試験が課されるのです。知識を問うものではなく、思考力、論理力を問う問題で、教科に縛られたものではありません。この適正検査の対策は、一般的な受験勉強ではカバーしきれないのです。最近は公立の人気も高まっているため、併願が増えています。第一志望が私学であっても、第二、第三が公立であるケースは珍しくありません。トップレベルの子どもも併願で受験しますから、簡単に合格できるわけではありません。 一方、関西ではどのような事情となっているのでしょうか。関西はどちらかと言えば、保護者は一切関与しません。塾に任せるのが主流となっています。そのためなのか、塾の指導はスピードと量の両面で首都圏を上回っており、子どもたちも大変な毎日を送っています。その原因として考えられるのは最難関校としてトップに君臨する学校の影響です。この学校の入試問題は、首都圏の御三家と比較しても難しく、そのための対策を立てる必要があるのです。中でも算数の対策にはどの塾も心血を注いでいます。

Read More

カリキュラムは塾によって様々ですが、小テストを頻繁に課している大手の塾は、速い傾向にあります。首都圏の大手の塾では、5年生の時点で、小学校で習う全ての単元を修めます。遅い所でも、6年生の1学期中に終えてしまうのが一般的です。特に難関校、最難関校を目指す子どもたちにとっては、これくらいのスピードの方が良いと考えられているのです。カリキュラムのスピードがこれほど速ければ、当然付いていけなくなる子どもが出始めます。そうすると、彼らは転塾することになります。つまり大手の塾から転塾する子どもたちの数も少なくないのです。塾にとっては転塾されるのは痛手となりますが、毎年の転塾者数から、相応の覚悟はしているようです。 ところで、一部の塾では、課題をそれほど多く出さないのに、実績を出していることがあります。色々な人がその秘密を探っているのですが、考えられるのは講師の質です。講師の質が飛びぬけて良いため、効率よく子どもたちを合格に導いているのです。とはいえ、全ての子どもに向いているとは限りません。あくまでも、子どもは自分に合った塾に通うべきなのです。子どもの性格を大別すると、負けず嫌い、体育会系、大人しい性格等が挙げられます。子どもがどの性格に当て嵌まるのかを保護者は正確に分析した上で、塾を選択してあげましょう。 塾の中には、保護者の関与を歓迎するところがあります。そのような塾では、親の能力も正否に影響してしまいます。それとは対照的に、忙しい保護者に代わって、夜遅くまで子どもの勉強をフォローする塾もあります。どちらが合っているのかは、保護者の能力、空き時間次第なので、入塾の際に参考にして下さい。    

Read More

大手塾では最難関校や難関校を志望する子どもの顔ぶれが固定化する傾向にあります。つまり、4年生の時点でトップレベルにいる子どもたちは、そのままずっとその位置をキープするのが実情であり、他の子どもが努力でのし上がるのは困難なのです。はっきりと申し上げれば、大手の塾に通うメリットは、この「最難関校」「難関校」向けの対策講義を受けることにあり、その意味では、下位クラスに在籍しながら通い続けるのは好ましくありません。それくらいなら、中堅校の対策に強い塾に転校した方が良いのです。 この考え方は、決して独り善がりのものではありません。大手の塾の教材、カリキュラムは、難関校以上のレベルを重視した構成になっています。そうした事実、現実を知ると、大手だからといって、自分の子どもに合っているとは限らないことが分かるはずです。どうしても難関校のレベルに子どもが付いていけなければ、途中で転塾する勇気を持ってください。転塾は保護者にとっても子どもにとってもかなり精神力が必要になりますから、出来ることなら最初から最適な塾を選択すべきでしょう。そのためには、難関校や最難関校という夢を見ず、先ずは現在の子どもの成績を客観的に分析してから、塾を選択するようにしましょう。 客観的な分析方法は、実は幾らでもあります。例えば、無料模試なるものがありますから、是非受験してください。また、入塾テストを受けるのも有効です。入塾テストの受験は、単に学力を知ることが目的ではありません。受験するだけで、塾の雰囲気、子どもとの相性まで分かるからです。さらに、塾の理念をリサーチするのもお勧めです。塾の理念が保護者にとって共感できるものであれば、子どもにとっても相性の良い塾となるはずです。

Read More

中高一貫校では、高校受験組と中学受験組とではそれぞれメリットとデメリットがあります。どちらの方が良いかはよくよく議論になりますが、これに関しては個人の感じ方によるとされます。それぞれ次のような違いがあるので、それを比較しながら考えていきましょう。 高校受験組は、入学試験の難易度が一番のネックであると言えます。採用人数が少なく求められる学力も中学入学組より高くて当然と考えられているので、同校の中学入試より過酷であるのは言うまでもありません。次に中学受験組と比較されやすいのは、大学受験までの時間が3年しかないということです。せっかく、苦労して合格してもまた受験勉強があるのはつらいことだと考える人も多いです。しかし、実のところ次の受験勉強までのスパンが短いというのは、ハードな受験勉強に備えた心構えと学力が備わっていると言うことですので、とらえ方によっては大きなアドバンテージであるのです。逆に、中学受験組で入学時から大学受験のことをしっかり見据えることの出来る学生はなかなかいません。中学、高校のレベルの高さから見ると、要求される、もしくは行きたいと考える大学のレベルも自ずと高いものになります。中学入学から大学受験まで6年間あるわけですが、仮に中学3年間勉強をおろそかにしていると、高校から本格邸に始まる大学受験対策の心構えが出来ていないので、あっという間に高校入学組に抜かされてしまうこともあるでしょう。そのため、結局中学入学組も努力をし続けなければならないのです。そのような学生向けに、中高一貫の進学校用の塾や予備校も珍しくはありませんし、実際に成績を高く保っている学生はそのような塾に通っていることが多いです。 このように、どちらがいいかというのは一概には言えません。しかし、共通するのは塾に通うことで学力はキープしやすくなるということです。        

Read More

首都圏で塾と言えば、どうしても中学受験用の塾が思い浮かびます。しかし、私立、国立の中学が少ない地方では、塾といえば高校受験用の塾を思い浮かべやすいです。実際、中高一貫校が多い私立の中学生よりも公立の中学生の方が塾に通っている割合が高いのです。計算してみると、塾、予備校全体の売り上げのうち、実に半分以上が中学生用の塾の売り上げなので、高校受験にどれだけ塾が重要視されているか分かります。さらに、少子化が進んでいるにもかかわらずこの売り上げはほとんど変化していません。高校受験には塾が重要だと思うからこそ、個人の塾にかける費用が上昇しているのです。 高校受験は、他の受験に比べて地域差が非常に大きいです。各都道府県によって、高校受験の制度や特徴がまったく変わってきますし、そもそも受験用の教育に力をいれているのかそうでないのかということさえ違うのです。それに伴い、全国で有力だと言い切れる塾や予備校がなくなっていて、地域ごとに根付いた塾がそこで有力な塾として存在するというのが一般的です。 そのため、各地に多種多様な塾が存在しています。さらに、同じ会社や企業が運営している塾でも、場所が変わったり、教育の形式が異なっていたりと別の塾名となっていることが多く、実際にどんな実績でどんな授業をしてくれるのかというのは、よくよく調べなければなりません。また、そのように塾を調べてみると、他の会社、企業の教育サービスが出てくることが多々あります。これは、その塾が、自分たちの教育サービスを他の塾にも提供することで、アイデア料、サービス料、システム料をもらうといった形で商売しているのですが、このような商売も塾の存在が大きくなってきたから現われてきたと言えるでしょう。  

Read More

義務教育課程では、理論や原理を丁寧に教えてもらえるのが一般的です。しかし、理論や原理だけ学んで学力を伸ばすのはとても難しいことなのです。私たちは人聞ですから、分からない、できないという経験を繰り返すと、何事もそれに対するモチベーションが低下してしまいます。理論や原理を教わっても、それを応用して問題を解くという経験がなければ、確実に学習意欲はなくなっていきます。本当に学力を向上させたいならインプットした後、反復して練習することが重要なのです。これは勉強だけでなくスポーツや仕事においても言えることです。最初にスポーツのルールや仕事のやり方を教わってもそれだけでは十分にこなすことは出来ないでしょう。そこから何度も反復させることで、脳が覚えて体に染みついていくのです。何度も自分で反復させ努力しなくては、いつまでたっても身につくことはないのは明らかです。 もちろん教育的学習の基礎を学校だけで完璧にするのが一番いいのですが、それができるのは極々一部の子供だけです。少しの時間で理解し応用も出来るようになりますが、大多数の子供は、学校以外での学習時聞が必要になります。しかしながら、短時間で理解できるようになるという能力は後天的に身につけることが可能です。そのためにも、学校以外での学習機会は重要であると言えます。家庭にて子供一人で勉強するのも出来ると言えばそうなのですが、こちらも一部の子供だけで、多くの子供は塾で講師に教えてもらうのが一般的です。塾の存在意義はここにあります。    

Read More

塾の授業の形態に変化をもたらしたものといえば、映像授業とパソコン学習です。 映像授業とは、あらかじめ録画された、有名講師や人気講師のハイレベルな授業を、塾や家庭のモニターで好きなときに視聴するシステムです。東進衛星予備校、代ゼミや河合塾マナビスなどが有名です。 パソコン学習とは、パソコンの画面に映し出される教材の指示に従って学習を進める方法のことで、専門的には「CAI学習」などと呼ばれます。 映像授業が受け身になってしまうのに対し、 CAI学習では生徒のリアクションが求められ、ゲーム感覚で取り組むことができます。映像授業もパソコン学習も、生徒一人ひとりのレベルとペースに合わせて利用でき、さらに人件費がかからないので、安価です。 個別指導もシェアが拡大していますが、映像授業もパソコン学習も、いってみれば個別指導のひとつの形態。いずれも個別指導のシェア拡大に寄与しているといえます。 「デジタル教材を利用した個別指導」が、現在の塾の「流行の最先端」なのです。 では、これからの塾に、生身の人聞は不要になるのでしょうか? 映像授業もパソコン学習も、単なる道具に過ぎず、どの生徒にいつまでにどの映像授業を受講させるか、パソコン学習のどのレベルのどの単元をやらせるのか、判断するのは生身の指導者の仕事です。 集中して受講していたらその学習姿勢を褒め、パソコン学習で苦戦をしている生徒を励ますのは生身の人間にしかできません。 さらに、目標を設定したり、志望校についての相談相手になったりするのは、プロの塾講師でなければできないことなので、映像授業にしてもパソコン学習にしても、「担任」や「チューター」などと呼ばれる指導者の力量は重要になってくるのです。

Read More

少子化と不況で、塾業界を取り巻く環境は厳しくなってきています。 しかし、厳しい経営環境のなか、塾経営者たちは、互いを削り合うのではなく、共存共栄の道を選んでいます。 業務提携や資本提携、いわゆるM&Aなどによって、相互に支え合い安定経営を目指すという動きが盛んなのです。 2006年、東進ハイスクールや東進衛星予備校を擁するナガセが、中学受験の老舗四谷 大塚を買収し、業界に衝撃を与えました。 続いて、代々木ゼミナールが、中学受験で圧倒的な強さを見せていたサピックスを買収。 2009年にサピックス中高部を、 2010年にサピックス小学部を傘下に収めたのです。 この2つの大型買収劇は、「東進間代ゼミの中学受験戦争」と大きな話題となりました。 いずれも、 大手予備校が、低年齢市場へと手を伸ばし、顧客の固いこみを狙う戦略の一端です。 四谷大塚やサピックスにしてみれば、より安定した経営母体をもつことで、腰を据えて教育に取り組める環境が整います。 日能研も河合塾と合弁会社をつくるなどして協力体制にあります。 東進、代ゼミ、河合塾とくれば、忘れてはならない大手予備校が駿台です。 こちらは独立独歩、なことも手を組む気配がありませんでしたが、ついに動きました。 関西の中学受験塾・浜学 園と駿台・浜学園を設立。二人三脚で、 2014年春からの首都圏の中学受験市場に参入。 大手中学受験塾と大手予備校がそろい踏み。そして見事にマッチングしたのです。 中学受験塾と予備校は対象とする生徒の年齢層が違うので、手を組む相手としては非常に都合がいいのです。

Read More

今は通信手段利用して、多種多様な通信教育があります。 答案の添削に加え電話での指導を行う、またインターネットでリアルタイムに解答するシステムがあります。 レベルの高い講師、きちんとしたカリキュラムと教材が準備されているところもあるようです。 そこで通信教育の中でも、作文・小論文こそ通信教育を利用してみるのも良いかもしれません。 最近は中学校・高校・大学受験は、作文や小論文を出す学校が増えています。 また、詰め込まされた知識力ではなく、学校側も生徒の思考力をみるために、作文や小論文はとても重視されています。 もちろん塾や予備校でも作文・小論文の対策を授業で行っているようですが、講義として教室で作文・小論文の授業を受ける方法もありますが、ここでこそ通信教育を利用してみてはいかがでしょうか。 その生徒の文章力に合わせ、論理的な展開を指導するのですが、作文や小論文は一つの正解な答えはないのです。 塾で講師が生徒に付きっきりで、個別に指導をするのは不可能で授業時間中に作文や小論文を書くとしたら、もったいない話です。 それなら自宅でも十分にできることなのですから。 作文や小論文を指導するには答案をしっかり分析する必要があり、先生が持ち帰ってしばらくしてから解説されても、果たして生徒は作文や小論文を書いた時の状況に戻って思い返せるかとなると、難しいところです。 そうなると、高い授業料を払っている講義内で作文や小論文を指導する必要性は低く、進化してきている通信教育の中で、きちんと子供に合った作文や小論文の指導をしてくれる通信教育も選択肢の一つかもしれません。 今は通信教育もうまく利用すれば戦力になるはずです。

Read More